祝・開店!本町アポロシアター!!そして祝・復活!まびマス林さん!!

昨日、一本の電話をいただきました。

10年来の知人であり、いろんなことを学ばせてくれる先輩でもあり、大正区にあるインド・ネパール料理店「されがま」の店主でもあるガンボさんからで、「別に何があるってわけではないけど、思い出したんで連絡しました。昼飯でもどうですか?」というお誘いでした。

阪急宝塚線・十三駅の西口にできた「磯丸水産」でおっさん二人、平日の昼間から海鮮丼を肴にビールを飲みながら近況を報告したり、溜まってた愚痴をきいてもらったりそれは楽しいひと時を過ごせました。

そんな会話の中でガンボさんが「あ、そうそう。まびマスの林さんが本町にまたお店出しはったよ」と教えてくれました。「まびマス」というのは「マーヴィンのマスター」の略。そして「マーヴィン」というお店は僕たちSoulファンにとっては、今は無き伝説の聖地ともいえるソウル・バーです。

僕はマーヴィンのお店では、通な常連客が多い中、恐れ多くてあんまりお話をしたことはなかったのですが、マーヴィンが閉店した後、されがまの開店をお手伝いしたときにご一緒させてもらって、大工仕事などを共同作業したことで親しくお話させていただくようになりました。

そして翌日の今日、さっそくガンボさんにお願いして新しいお店にご挨拶に行かせていただきました。

お店は大阪市営地下鉄御堂筋線「本町駅」から徒歩1分。ハードロックカフェの裏にある商店街の地下。お店の名前はなんと「本町アポロシアター」!!笑

なんと平日21時までに入店したら、女性1500円、男性2000円で食べ放題、飲み放題です。21時以降の入店の場合はフリードリンクのみで、女性は1000円、男性は1500円!!

(下のフライヤーは20時となってますが現在はフリーフードは21時までになってます)

下の画像にも書いてますが、フードは新鮮野菜をふんだんに使った健康メニューでした。この立地でこの値段・・・。もしかしたら大阪一リーズナブルかも・・・。

 

まびマス林さんは今までマーヴィンだけでなくいろんなお店やイベントを手掛けてこられました。今回のお店もそうですけど、「とにかくみんなに楽しんでほしい。盛り上げて元気にしたい」という感じで採算は後回しでやってこられた方です。

昨日もガンボさんと話してたのですが、本当に面白いことをやってのける人は、ある意味いまの時代では「面白い人=怪しい人」的なレッテルを張られがちです。昭和の時代はそういう「怪しい人」のやることをちゃんと面白がって応援する人がたくさんいましたが、今の世の中はそういった突き抜けた面白い人よりも、バランス感覚の取れたもの同士で群れることを好む傾向にある気がします。ですのでほどよい距離を取りながらおいしいところは参加して、バランスに違和感を感じたりしたら即座に距離を置いたり離れて行ったり・・・。

そんな2018年に、大阪のど真ん中に出来た「本町アポロシアター」は、そのコンセプトも価格も、かかってる曲も「異空間」な気がします。そしてまたまた「不思議空間」を作り出したまびマス林さんの大復活に本当に拍手を送りたいと思いました!!本当に嬉しいし、「愛すべき怪しい大先輩」まびマス林さんにはまたいろいろ教えていただきたいと思います!

また今回は共同経営者(林さんは相方と紹介してくれました)の数土さん(すうど)ともお話ができました。はじめてお話させていただきましたが、この方も金のない才能豊かなインディーズ・アーティストを長年支援されてきた方で、今回もそんなアーティストに負担なくライブをさせてやりたいという思いでやられたそうです。

されがまガンボさん、まびマス林さん、そして数土さん。素晴らしい年上のおやじたちが、何かを信じてやってくれてること。それを素直に面白がって参加して、そして見返りを求めず応援するピュアな人たちがたくさん集まれば、大阪はもっと面白くなる!!

僕のやってるホットスタッフにも、「面白い」をちゃんとわかってくれてるメンバーがたくさんいます。だから僕もやっていけてる。頑張ります!!

崎原先生バースデイレッスン

本日は1月最後の難波レッスンでした。講師はさっきーこと「崎原孝彦先生」。優しくて丁寧な指導で生徒さんからも人気の先生です。

まずは毎度おなじみの肩もみ、ストレッチから始まり軽く発声練習。歌うときの口の開け方やのどの開き方などを確認します。さっきー先生のレッスンは特に英語の発音とヴォイシングを細かくやってくれます。

そして今月の課題曲「Don’t Stop Believing / Glee regional Ver.」のパート練習。今日から新しく男性メンバーの章次君とアルトにじゅんじゅんさんが加入したので、特にベースパートとアルトパートを重点的にやりました。

そして2曲目はおなじみJackson5 の大ヒット曲のメドレー。これは前にやっていたアメリカン・アイドルのヴァージョンとは異なり、今回はジャクソン5の日本公演のライブ盤を基にしました。なので歌うところが増えて各パートともになかなか苦戦しております。2月もこの2曲を仕上げるので精いっぱいかな・・・・?

なんば校は日曜日ということもあり、一番生徒さんが集まる教室ですが、今日のレッスンはライブが終わった直後でしかも大寒波襲来、そのうえインフルエンザの大流行ということもあり、いつもよりは少し少なめでした。

さて2時間のレッスンが終わり片づけをしようと思ったら、生徒さんがローソクに火のついた手作りバースデーケーキを持ってサプライズ!!!さっきー先生、2日前に45歳になられたそうです。

さっきー先生、お誕生日おめでとうございます!!

2月より新シーズンに突入します!「Don’t Stop Believing」

来週の日曜日に大阪千日前の「味園ユニバース」でライブを行うのは先日インフォさせていただきました。

さてライブがあるということは、終わったら新シーズンが始まるということ。

2月からのレッスン・メニューですがまずはGLEEの原点ともいえるこの曲で初心を思い出すことにしました。「Don’t Stop Believing」!!

とはいっても今まで歌っていたヴァージョンと少しだけアレンジの違う「Regionalsヴァージョン」。最後に転調が入っているのと、バックの演奏がゴージャスです。

そしてもう一曲はThe Jackson5 の名曲「I want You Back ~ABC~The Love You Save」のメドレー。これも以前にアメリカン・アイドルのヴァージョンでやっていましたが、今回は有名な日本公演のテイクでリメイクします。

この他にも3月以降はHeart やSheena Easton、Labelleなど楽しい曲がてんこ盛り!!

私も70年代ディスコや80年代ロックなんかが大好きという洋楽好きな方は、ぜひ一度「無料体験レッスン」にお越しください!シーズンの始まりのイマがチャンス!!

無料体験レッスンはこちらから。

無料体験レッスン

新規メンバー、続々入会中!!

2018年のレッスンは、1月21日に行われる大阪・難波千日前「味園ユニバース」のライブに向けての最終調整に入り、メンバーの皆さんも年始からやる気満々です。

通常はこういったライブ直前のレッスンだと、体験レッスンに来られた方は雰囲気に圧倒されてしまい入会される方はほとんどいないのですが、今年の希望者の方はほとんどが入会されています。

今日の難波レッスンも、男性の方が来られてはじめは横で見学されてましたが、途中からは中に入って僕たちのゲネリハに参加され、振り付けまで見様見真似でされていました。

「ご迷惑になるので・・」と邪魔にならないように観ていただく方も去年はたくさんおられましたが、僕たちにしたら自分たちが楽しんでやってることを、「私もやりたい」って思ってくれて一緒に楽しんでくれる方がいるのは絶対に嬉しいのです。

今年はそんな方がいっぱい来てくれそうで、本当に楽しみな一年になりそうです。新しく豊中の土曜日のクラスも開校が決りました。頑張って楽しい教室作ります!!!

豊中土曜日昼クラス、2018年1月新規開校!!

2018年1月20日(土)より、豊中市本町にある「S.M.S GOSPEL STUDIO」にて、HOT STUFF豊中土曜日昼クラスが新規開校することが決まりました。

現在、豊中校は第2・第4火曜日の夜のクラスのみですが、これを機会にもっと豊中でGLEEスタイルの洋楽コーラスを盛り上げたいと思っています。

通常レッスンは2時間ですが、来年より難波クラス(第2・4日曜日)と、この豊中クラスは3時間になります。せっかくの週末のお休みに歌いに来るのであれば、とことん歌ってもらいたいと思いますし、平日はお仕事が忙しくレッスンに参加できない方でも、週末にがっつり歌って練習不足を解消してもらうのが狙いです。

1月20日は記念すべき第1回目!プレオープン!!

たくさんの方のご参加をお待ちしております!!!

 

神戸チキンジョージ LIVE ! 2017.11.12(日)

 

昨年、盛り上がった「神戸チキンジョージ」!!今年もやります!!

2017年11月12日(日)18時30分スタート!!!

神戸チキンジョージは1980年に兵庫県神戸市中央区の生田神社前にオープンした関西では老舗のライブハウス。関西で音楽活動をするものなら誰もが一度は立ってみたいハコだと思います。はじめはキャバレーの2階にあったのが1993年に1階に移転したものの、2年後の1995年の阪神淡路大震災で建物が全壊・・・。「がんばろう神戸!」の掛け声のもとプレハブで営業を再開しましたが、一度完全閉店。2008年に現在の10階建てのビルが完成し、完全復活となった伝説のライブハウスです。

僕たちHOT STUFFは去年の11月に初めてこのステージに立たせていただきました。壁にはたくさんのミュージシャンの写真やポスターが飾られています。ずっとチキンで演奏活動をされていた故人のものも・・・。みんな素敵な笑顔です。

今年も昨年と同じく11月にまたあの舞台に立ちます。いまはそれに向けて全員が一丸となって準備中!!軽くネタバラシになっちゃいますが、U2のあの名曲や、アバの一番有名ななんちゃらクイーンやら、ヴァン・ヘイレンの「跳ぶ」やつやら・・・ほんと楽しみです。

もしこのブログを読んだあなたも「私もチキンに出たい!!」と思うのなら今からでも十分間に合います。ぜひぜひ一度、体験レッスンにお越しください!!

特に兵庫県にお住いの方とか、神戸三宮、芦屋、西宮、明石とかでお勤めの方なんかはぜひ「三宮校」にお越しください!!毎月第2・第4水曜日、20時からJR・阪急三宮駅から徒歩5分の「スタジオ・RAT」で練習しております。(フラワーロードを山手に上がって加納町の交差点の角)・・・〒650-0001 神戸市中央区加納町3-3-10

無料体験レッスンのお申し込みはこちらから。

洋楽コーラス・スクール「ホットスタッフ」無料体験ページ

 

梅田レッスン

洋楽をゴスペル・スタイルで歌う教室「HOT STUFF」の梅田校は、阪急梅田駅から歩いて3分という、雨の日でもほとんど濡れずにたどり着ける駅近教室。
http://glee-hotstuff.com/aeccaeaeaeae/
〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町1-7 総合カルチャースクール「梅田カルチャー」の4階で第1・3(月)19:30~21:30、第1・3(木)19:30~21:30に行われています。

2面が鏡張りの広い教室では大人数での振り付け合わせもできますので、ライブ前になると動きの最終チェックを目的に大勢の生徒さんが集合されます。4階でありながらエレベーターがないので、下半身も強化されます。

 

難波レッスン

関西ホットスタッフは、平日が第1・第3月曜日、第1、第3木曜日の「梅田レッスン」、第2・第4火曜日の「豊中レッスン」、第2・第4水曜日の「神戸三宮レッスン」があります。

そして日曜日は第2・第4週のお昼13時半から「難波レッスン」があります。

この難波レッスンが関西ホットスタッフの「発信地」「キーステーション」的な役割を持っています。日曜日の午後というとみなさんいろいろと用事を入れたりして忙しいんじゃないかと思うのですが、ホットスタッフの日曜難波は毎回超満員です。

人気の秘密はレッスン終了後の15時半~16時半までの「特練タイム」です。13時半から15時半の2時間はカリキュラムに沿った形で課題曲をやりますが、その後の1時間はちず先生の振り付け確認や、歌い込みが少し不足しているナンバーなどの補習が追加料金なしで行われます。これは強制的なものではなく自由参加です。

日曜日の難波レッスンは先ほども書いた通り、ほとんどの受講生が顔を出せるときには出すという感じなので、ライブ前の重要な決め事や情報の共有などもここで行われます。

多いときは60人近いメンバーが揃うので、ダンス・ナンバーを続けたら部屋はむせ返るほど暑くなります。30分に一回は換気がてらに休憩をすることも少なくありません。グリーのレッスンはゴスペルに比べたら運動量が多いので、ジャージやTシャツで参加する人も多く、そういう意味ではスポーツをする感覚で来られている人も多いのかも・・・。でも身軽な飾りっ気のない服装で3時間思い切り汗を流せば、気分も爽快です。終ってから冷たいビールを仲間と飲むことを楽しみにしているメンバーも結構います。

大人になって、たくさんの仲間と思い切り汗を流しながら、まるで文化祭の準備のようにみんなでアイデアを出しながら「いいもの」を作っていく環境を持っているのは素晴らしいことだと思います。

来たれ!!!難波レッスンへ!!!

 

I STILL HAVEN’T FOUND WHAT I’M LOOKING FOR 和訳

一番高い山を越えてきた そしてたくさんの戦場を駆け抜けた

ただあなたと共にいたいがために

僕は走ってきた そして這いずり回った。町の高い壁もよじ登った。

ただあなたと共にいたいがために

でも僕はまだ見つけることができていない 探している本当の道を

 

愛しい唇にキスをし、彼女の指先に癒される

炎のように燃え上がる思い 彼女から湧き出る熱き炎

天使の言葉を語りながら、悪魔の手を握り締める

その夜はそれを暖かく感じた 僕の心は石のように冷たかったんだ

でも僕はまだ見つけることができていない 探している本当の道を

 

神のみ国を心から信じている。やがてすべての人種はひとつになれる時が来る

でも僕はいまだ走り続けている

束縛を断ち切り、僕を縛り付ける鎖を断ち切る

今までに犯した数々の罪の十字架を背負うんだ 僕は心から信じている

それでもまだ見つからないんだ 本当に求めているものが


この歌はU2というロック・グループのヒット曲ですが、歌詞の内容を理解するためには彼らがとても敬虔なクリスチャンであり、そしてその敬虔な信仰心とは裏腹に、人生という旅において多くの罪を犯してしまう「人間の弱さ」を理解する必要があります。

ここに書かれている、共にいることを望む「あなた」とは主イエスのことであり、それを心から望んでいるはずなのに、時には悪魔の誘惑に身をゆだねてしまう自分のこれからの生き方がまだ確信として見えていないという歌ではないかと思われます。

僕自身もクリスチャンですが、同じように道に迷っています。

主を信じる前は気にもしなかったことですが、クリスチャンとして信じることを宣言した時からこの苦悩は始まりました。だからこそこの歌は私に勇気を与えてくれます。

クリスチャンとして、人間として、ここまで自分の心の弱さをさらけ出すのは、教会の証でもあまり聞いたことがありません。僕がU2を心から愛してやまないのはそういう理由からです。

VALERIE

たまにひとりで出かけてみるの  それから水面に目を落とす

あなたは何してるのかしら いろいろ考えてしまうの

そして頭の中で想像したりしてる

だって 家に帰ると わたしは身も心もボロボロ

あなたの赤い髪が そしてあなたのその格好も恋しい

帰らないつもりなの? バカな真似はやめて

どうしてヴァレリー? 戻って来てくれないの?

ヴァレリー、戻って来て

わたしのもとに  わたしのところに戻って来て

 

刑務所に入ってたんですってね

家も売っちゃって  良い弁護士も雇ったらしいわね

肌が焼けてないといいわ

あなたをいい方向に導いてくれる人が 現れることを願ってる

どこにでもショッピングに行ってるのね

髪の色も変えちゃって 忙しいのね?

払わなくちゃいけない罰金は払ったの?

ずっと逃げてたでしょ まだフラフラするつもりなの?

 

どうしてヴァレリー? 戻って来てくれないの?

ヴァレリー、戻って来て

わたしのもとに  わたしのところに戻って来て


エイミー・ワインハウスの大ヒット曲です。

オールディーズやモータウンを彷彿させるダンサブルな曲ですが、歌詞の内容は悲しげです。

エイミーといえばイギリスの歌手で、そのハスキーな声で歌われたデビュー・アルバムが英国内で67万枚を超える大ヒットで一躍トップスターとなりました。しかし薬物やアルコールなど多くの依存症で常にスキャンダラスなイメージがありました。グラミー賞を受賞した「リハブ」はその名の通り、リハビリ施設に通う自分自身を歌った歌だそうです。

何度か復帰を試みましたが、2011年のヨーロッパ・ツアーは始まってすぐに中止。ステージで泥酔状態の彼女は何度も歌えなくなり、ブーイングの中、公から姿を消しました。そしてツアー中止から一か月後、彼女はロンドンの自宅で遺体で発見されました。

27CLUB というものがあります。過去に天才と呼ばれた数多くのミュージシャンが27才でこの世を去っています。ジミヘン、ジャニス・ショップリン、カート・コバーン、ジム・モリスンなど・・・。そしてエイミーが亡くなったのも27才でした。

本家エイミーの歌うヴァージョンは、この歌詞のブルージーな部分を表現してますね。