LEAN ON ME

誰だって人生の中で痛みを感じるときがある
悲しみに暮れることもあるんだ
だけど 確かなことは  必ず明日があるということ

僕を頼っておくれよ 強くいられないときには
僕が友達として 力を貸すから
きっとそう遠くないうちに 僕にもその時が来る
頼れる誰かを必要とする日が

君に必要なものを 僕が持っているというのなら
遠慮やプライドなんて飲み込んで
きみが打ち明けてくれなければ
誰もきみの望みを叶えることはできないから

助けの手がほしいときには いつでも僕を呼んでよ
みんな頼れる誰かを必要としてるんだ
君にしか分かってもらえない悩み事が僕にもあるから
僕らはみんな頼れる誰かを求めてるんだ

背負わねばならない重荷があるなら
支えきれなくてつらいときは
僕がかけつけるよ
君の重荷をシェアするよ だから僕を呼んでよ


アメリカは強い国、そして正しい国。

そう信じていた多くのアメリカ人の心に暗い影を落とした出来事。

それは「ベトナム戦争」「ケネディ大統領暗殺」「キング牧師暗殺」でした。

本当に自分たちの国は正しいことをしているのか?本当にこの国を信じていいのか?

そういった「自省」のようなメッセージは音楽をも変えていきました。

「強さ」ではなく「弱さ」を歌い、対外的なものへではなく、本当に大切な周りの人への愛の言葉を歌う歌が数多くつくられたのがこの時期だと思います。

しかし弱さを認め、支えあいを呼びかけることこそが「本当の強さ」

だから時代を超え、この曲はいまも多くの人に愛されているのでしょう。